アトピーとはどのようなものか


アトピーとはどのようなものか

アトピーの症状というのは、とにかくかゆくてかゆくてたまらなく、 しかもその症状が、乳児は2ヶ月以上、成人では半年以上続くというというとても辛い症状です。 アトピー性皮膚炎は、日本では誰もが知るところですが、その原因とメカニズムについては未だ解明されていません。
しかし、「アトピーはこれで治る!」という誇大広告・情報だけが氾濫している状況です。アレルギーとの違いは、 かつて接したことのある異物に対して体内に抗体が出来、抗体が異常反応を起こしたものがアレルギーです。 であるのに対し、持って生まれた体質からの症状がアトピーです。医者によって、原因は食べ物であるという考えもあり、 ダニであるという考えもあります。また、ダニは全く関係がないという考え方もあります。「受験が終わったら症状が良くなった」という、 精神的がなものが関係しているという考えもあり、ドイツでは精神科医と連携をとり、患者の家族も治療対象になっています。 また特別なことではなく、敏感肌であることによって、普通の人よりも肌のケアをまめにおこなう必要がある皮膚というだけで、 アトピーなのか否か、また重症か軽症かの線引きはいらないという考え方もあるようです。



ページTOPへ